絶賛不定期連載中
思いつくまま気のままに。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
そのバツゲーム(たぶん)以降、彼は急に優しくなった。
なぜ急に優しくなったかはわからない。
私の本当の美しさにやっと気付いたのかしら?


子供の頃、私は近所で評判のカワイイ子供だった。
だった、というのはおかしいな、今もカワイイのに。
そうなんだ実際。
今は前髪をたらして分厚い眼鏡を掛けてるけど、家に帰って洗面所で自分の顔を見ると「あらカワイイ」なんて思ってしまう。
我ながら手前味噌で申し訳ない。


うーん、そんなことに気付いただけで優しくなるのかしら。
それとも「私、出来ちゃったみたい」とうそぶいたのが原因か。
うん、そうだ。たぶんこっちだ。


私は彼が優しくなって嬉しかった。
今までそんな風に優しくされたことは全然無かったし、
何よりも自分自身の劇的な変化が面白かった。
身なりにも気を使い始め、性格も少しずつ柔らかい方向へと変化していく。


いつの間にか呪い睨みこと「メデューサアイ(彼命名)」も忘れていた。
スポンサーサイト
【2005/06/27 21:52】 物語 | トラックバック(0) | コメント(0)

PROFILE

dec311
  • Author:dec311
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS1.0
  • 05 | 2005/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • dec311(07/24)
  • (07/20)
  • ディープ(07/09)
  • SHOEI30XP(07/07)
  • dec311(06/30)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。